実績紹介

スクリーンショット 2017-09-11 10.49.10
館林市市道 施工現場

消音型ハイブリッド側溝

「ぐんまの環境配慮製品」に認定

・蓋を斜に受ける構造により、住環境にやさしい消音効果があるということで採用となりました。
・製品の側面が直壁のため、既設の構造物等に直付けが可能です。
・「ぐんまの環境配慮製品」に 採用·施工されました。
・蓋を斜に受ける構造により、住環境にやさしい消音効果を図りました 。
・従来の側溝に比べスリムになっているため、歩道幅の拡張することにより、歩行者の安全性を高めました。
・従来の側溝のとき、「車が側溝の上を走るときに発生する騒音を何とかしてほしい」と市役所に苦情があ 
 り、その解決策として当社の消音型側溝を採用いただきました。
・施工業者の皆さまより、従来の製品に比べて軽量かつ施工性がよいと評価いただいております。
・従来の側溝のとき、「車が側溝の上を走るときに発生する騒音を何とかしてほしい」と市役所に苦情があ 
 り、その解決策として当社の消音型側溝を採用いただきました。
・側溝幅が従来製品に比べてスリムになっており運動場をより広く利用できるということで、運動場周辺に約 
 1㎞採用いただきました。
・従来型の側溝の場合、車が側溝の上を走行した際にガタツキ音が発生しますが、ハイブリッド側溝の場合、 
 そのガタツキ音が軽減します。住宅地等で多く採用されています。
・側溝を含めた最小の路肩幅0.5mの位置に外側線(白色)が設置可能となり通行車の安全性が向上します。

製品画像

藤岡市 施工現場

藤岡市 施工現場

みどり市市道 施工現場

みどり市市道 施工現場

安中市 施工現場

安中市 施工現場

前橋市運動場 施工現場

前橋市運動場 施工現場